HOME >講習・試験・登録 >平成30(2018)年4月追加開催講習会について

平成30(2018)年4月追加開催講習会について

公認心理師現任者講習会
平成30(2018)年4月(追加開催Web申込み) 受講の手引

文部科学大臣・厚生労働大臣指定
一般財団法人 日本心理研修センター主催

一般財団法人日本心理研修センターは,文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定を受け,平成30(2018)年4月に追加講習会を開催することとなりましたので,ご案内いたします。
本講習会は,申込みに際し受講資格は設けておりません。受講申込者各自がそれぞれの目的を持って間違いのないようお申込みいただきますようお願いいたします。
なお,公認心理師法附則第2条第2項に定める者(いわゆる現任者)として本講習会を受講し,公認心理師試験に出願予定の方で,出願時現任者として認められなかった場合は,講習会主催者は責任を負いかねますのでご承知おきください。詳細は,文部科学省・厚生労働省令第3号を参照ください。
必ず本受講の手引を熟読いただき,下記Webサイトより受講のお申込みをお願いします。

公認心理師の資格取得方法について

講習会修了認定

本講習会を修了した者は,公認心理師法「附則第2条第2項1号」に定める文部科学大臣及び厚生労働大臣が指定した講習会の課程を修了した者として認められます。
ただし,公認心理師試験の受験資格には,「附則第2条第2項1号及び2号」の両方に該当していることが必要となりますのでご注意ください。

附則第2条第2項に定める者とは

この法律の施行の際,現に第2条第1号から第3号(※1)までに掲げる行為を業として行っている者その他その者に準ずるものとして文部科学省・厚生労働省令で定める者であって,次の各号のいずれにも該当するに至ったものは,この法律の施行後5年間は,第7条(※2)の規定にかかわらず,試験を受けることができる。

  1. 文部科学大臣及び厚生労働大臣が指定した講習会の課程を修了した者
  2. 文部科学省・厚生労働省令で定める施設において,第2条第1号から第3号(※1)までに掲げる行為を5年以上業として行った者
※1 ≪第2条第1号~3号≫
  1. 心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し,その結果を分析すること。
  2. 心理に関する支援を要する者に対し,その心理に関する相談に応じ,助言,指導,その他の援助を行うこと。
  3. 心理に関する支援を要する者の関係者に対し,その相談に応じ,助言,指導その他の援助を行うこと。
※2 ≪第7条≫

試験は,次の各号のいずれかに該当する者でなければ,受けることができない。

  1. 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(短期大学を除く。以下同じ。)において心理学その他の公認心理師となるために必要な科目として文部科学省・厚生労働省令で定めるものを修めて卒業し,かつ,同法に基づく大学院において心理学その他の公認心理師となるために必要な科目として文部科学省・厚生労働省令で定めるものを修めてその課程を修了した者その他その者に準ずるものとして文部科学省・厚生労働省令で定める者
  2. 学校教育法に基づく大学において心理学その他の公認心理師となるために必要な科目として文部科学省・厚生労働省令で定めるものを修めて卒業した者その他その者に準ずるものとして文部科学省・厚生労働省令で定める者であって,文部科学省・厚生労働省令で定める施設において文部科学省・厚生労働省令で定める期間以上第2条第1号から第3号までに掲げる行為の業務に従事したもの
  3. 文部科学大臣及び厚生労働大臣が前二号に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定した者

現任者講習会内容

(1)科目
科目名 内容 時間
公認心理師の職責
  1. 公認心理師の役割
  2. 公認心理師の法的義務及び倫理
  3. 心理に関する支援を要する者等の安全の確保
  4. 情報の適切な取扱い
  5. 保健医療,福祉,教育その他の分野における
    公認心理師の具体的な業務
  6. 自己課題発見・解決能力
  7. 生涯学習への準備
  8. 多職種連携及び地域連携
1.5時間
主な分野(保健医療,福祉,教育,司法・犯罪,産業・労働)に関する制度 主な分野(保健医療,福祉,教育,司法・犯罪,産業・労働)に関係する制度 7.5時間
主な分野(保健医療,福祉,教育,司法・犯罪,産業・労働)に関する課題と事例検討 主な分野(保健医療,福祉,教育,司法・犯罪,産業・労働)における心理社会的問題及び必要な支援 7.5時間
精神医学を含む医学に関する知識
  1. 精神疾患総論(代表的な精神疾患についての成因,症状,診断法,治療法,経過,本人や家族への支援を含む。)
  2. 向精神薬をはじめとする薬剤による心身の変化
  3. 医療機関との連携
  4. 心身機能と身体構造及び様々な疾病や障害
  5. がん,難病等の心理に関する支援が必要な主な疾病
6時間
心理的アセスメント
  1. 心理的アセスメントの目的及び倫理
  2. 心理的アセスメントの観点及び展開
  3. 心理的アセスメントの方法(観察, 面接及び心理検査)
  4. 適切な記録及び報告
  5. 公認心理師の実践における心理的アセスメントの意義
  6. 心理的アセスメントに関する理論と方法
  7. 心理に関する相談,助言,指導等への応用
3時間
心理支援
  1. 代表的な心理療法並びにカウンセリングの歴史,概念,意義,適応及び限界
  2. 訪問による支援や地域支援の意義
  3. 良好な人間関係を築くためのコミュニケーションの方法
  4. プライバシーへの配慮
  5. 心理に関する支援を要する者の関係者に対する支援
  6. 心の健康教育に関する理論と方法
  7. 力動論に基づく心理療法の理論と方法
  8. 行動論・認知論に基づく心理療法の理論と方法
  9. その他の心理療法の理論と方法
  10. 家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と方法
  11. 心理に関する相談,助言,指導等への応用
  12. 心理に関する支援を要する者の特性や状況に応じた適切な支援方法の選択・調整
3時間
評価・振り返り 現任者講習会受講者による評価・振り返り 1.5時間
合計 30時間
公認心理師の職責:1.5時間
  1. 公認心理師の役割
  2. 公認心理師の法的義務及び倫理
  3. 心理に関する支援を要する者等の安全の確保
  4. 情報の適切な取扱い
  5. 保健医療,福祉,教育その他の分野における
    公認心理師の具体的な業務
  6. 自己課題発見・解決能力
  7. 生涯学習への準備
  8. 多職種連携及び地域連携
主な分野(保健医療,福祉,教育,司法・犯罪,産業・労働)に関する制度:7.5時間 主な分野(保健医療,福祉,教育,司法・犯罪,産業・労働)に関係する制度
主な分野(保健医療,福祉,教育,司法・犯罪,産業・労働)に関する課題と事例検討:7.5時間 主な分野(保健医療,福祉,教育,司法・犯罪,産業・労働)における心理社会的問題及び必要な支援
精神医学を含む医学に関する知識:6時間
  1. 精神疾患総論(代表的な精神疾患についての成因,症状,診断法,治療法,経過,本人や家族への支援を含む。)
  2. 向精神薬をはじめとする薬剤による心身の変化
  3. 医療機関との連携
  4. 心身機能と身体構造及び様々な疾病や障害
  5. がん,難病等の心理に関する支援が必要な主な疾病
心理的アセスメント:3時間
  1. 心理的アセスメントの目的及び倫理
  2. 心理的アセスメントの観点及び展開
  3. 心理的アセスメントの方法(観察, 面接及び心理検査)
  4. 適切な記録及び報告
  5. 公認心理師の実践における心理的アセスメントの意義
  6. 心理的アセスメントに関する理論と方法
  7. 心理に関する相談,助言,指導等への応用
心理支援:3時間
  1. 代表的な心理療法並びにカウンセリングの歴史,概念,意義,適応及び限界
  2. 訪問による支援や地域支援の意義
  3. 良好な人間関係を築くためのコミュニケーションの方法
  4. プライバシーへの配慮
  5. 心理に関する支援を要する者の関係者に対する支援
  6. 心の健康教育に関する理論と方法
  7. 力動論に基づく心理療法の理論と方法
  8. 行動論・認知論に基づく心理療法の理論と方法
  9. その他の心理療法の理論と方法
  10. 家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と方法
  11. 心理に関する相談,助言,指導等への応用
  12. 心理に関する支援を要する者の特性や状況に応じた適切な支援方法の選択・調整
評価・振り返り:1.5時間 現任者講習会受講者による評価・振り返り
合計:30時間
(2)標準プログラム
【4日間コース】
  時間 1日目 2日目 3日目 4日目
AM 9:00~10:30
(90分)
I 公認心理師の職責 精神医学を含む
医学に関する知識
主な分野に関する
制度①
(保健医療)
主な分野に関する
制度⑤
(産業・労働)
10:40~12:10
(90分)
主な分野に関する
制度③
(教育)
精神医学を含む
医学に関する知識
主な分野に関する
課題と事例検討①
(保健医療)
主な分野に関する
課題と事例検討⑤
(産業・労働)
  12:10~13:10 昼食
PM 13:10~14:40
(90分)
主な分野に関する
課題と事例検討③
(教育)
精神医学を含む
医学に関する知識
主な分野に関する
課題と事例検討④
(司法・犯罪)
心理支援①
14:50~16:20
(90分)
主な分野に関する
制度②
(福祉)
精神医学を含む
医学に関する知識
心理的
アセスメント①
心理支援②
16:30~18:00
(90分)
主な分野に関する
課題と事例検討②
(福祉)
主な分野に関する
制度④
(司法・犯罪)
心理的
アセスメント②
評価
振り返り
1日目
I:9:00~10:30(90分)
公認心理師の職責
Ⅱ:10:40~12:10(90分)
主な分野に関する制度③(教育)
12:10~13:10(昼食)
Ⅲ:13:10~14:40(90分)
主な分野に関する課題と事例検討③(教育)
Ⅳ:14:50~16:20(90分)
主な分野に関する制度②(福祉)
Ⅴ:16:30~18:00(90分)
主な分野に関する課題と事例検討②(福祉)
2日目
I:9:00~10:30(90分)
精神医学を含む医学に関する知識①
Ⅱ:10:40~12:10(90分)
精神医学を含む医学に関する知識②
12:10~13:10(昼食)
Ⅲ:13:10~14:40(90分)
精神医学を含む医学に関する知識③
Ⅳ:14:50~16:20(90分)
精神医学を含む医学に関する知識④
Ⅴ:16:30~18:00(90分)
主な分野に関する制度④(司法・犯罪)
3日目
I:9:00~10:30(90分)
主な分野に関する制度①(保健医療)
Ⅱ:10:40~12:10(90分)
主な分野に関する課題と事例検討①(保健医療)
12:10~13:10(昼食)
Ⅲ:13:10~14:40(90分)
主な分野に関する課題と事例検討④(司法・犯罪)
Ⅳ:14:50~16:20(90分)
心理的アセスメント①
Ⅴ:16:30~18:00(90分)
心理的アセスメント②
4日目
I:9:00~10:30(90分)
主な分野に関する制度⑤(産業・労働)
Ⅱ:10:40~12:10(90分)
主な分野に関する課題と事例検討⑤(産業・労働)
12:10~13:10(昼食)
Ⅲ:13:10~14:40(90分)
心理支援①
Ⅳ:14:50~16:20(90分)
心理支援②
Ⅴ:16:30~18:00(90分)
評価・振り返り

※プログラム構成につきましては一部変更となる場合がございますのでご了承ください。

入室開始時間 プログラム
開始時間
プログラム
終了時間
退出時間
8:30 9:00 18:00 18:30
入室開始時間 8:30
プログラム開始時間 9:00
プログラム終了時間 18:00
退出時間 18:30

※プログラム終了後,30分は出席確認などの時間がございます。

追加開催講習会日程一覧(全て4日間コース)

講習会番号 開催期日 会場名 定員
1-20 平成30年4月7日(土)から10日(火)まで 東京都文京区 ベルサール飯田橋ファースト 410
1-21 平成30年4月7日(土),8日(日),14日(土)及び15日(日) 東京都北区 東京成徳大学 470
1-22 平成30年4月14日(土),15日(日),28日(土)及び29日(日) 東京都江東区 東京ビッグサイト 1230
1-23 平成30年4月17日(火)から20日(金)まで 東京都大田区 大田区産業プラザ 610
1-24 平成30年4月21日(土),22日(日),28日(土)及び29日(日) 東京都北区 東京成徳大学 470
1-25 平成30年4月21日(土),22日(日),28日(土)及び29日(日) 東京都港区 ベルサール六本木 380
1-26 平成30年4月26日(木)から29日(日)まで 東京都文京区 ベルサール飯田橋ファースト 410
1-27 平成30年4月26日(木)から29日(日)まで 大阪府大阪市 サンライズビル大阪 470
講習会番号:1-20
開催期日
平成30年4月7日(土)から10日(火)まで
会場名
東京都文京区 ベルサール飯田橋ファースト
定員
410
講習会番号:1-21
開催期日
平成30年4月7日(土),8日(日),14日(土)及び15日(日)
会場名
東京都北区 東京成徳大学
定員
470
講習会番号:1-22
開催期日
平成30年4月14日(土),15日(日),28日(土)及び29日(日)
会場名
東京都江東区 東京ビッグサイト
定員
1230
講習会番号:1-23
開催期日
平成30年4月17日(火)から20日(金)まで
会場名
東京都大田区 大田区産業プラザ
定員
610
講習会番号:1-24
開催期日
平成30年4月21日(土),22日(日),28日(土)及び29日(日)
会場名
東京都北区 東京成徳大学
定員
470
講習会番号:1-25
開催期日
平成30年4月21日(土),22日(日),28日(土)及び29日(日)
会場名
東京都港区 ベルサール六本木
定員
380
講習会番号:1-26
開催期日
平成30年4月26日(木)から29日(日)まで
会場名
東京都文京区 ベルサール飯田橋ファースト
定員
410
講習会番号:1-27
開催期日
平成30年4月26日(木)から29日(日)まで
会場名
大阪府大阪市 サンライズビル大阪
定員
470
  • 上記講習会は,Web申込みのみとなります。
    お申込者が迷惑メール対策等でドメイン指定受信を設定されている場合に
    「jcpp-info@shiken-navi.net」からのメールを受け取れるように設定してください。
  • 申込完了後,受講希望コースの変更はできません。
  • 申込完了後,登録住所の変更がある場合には必ず当センター宛てにメールにてご連絡をお願いいたします。
    宛先アドレス:info@jcpp.or.jp
  • ご住所変更の場合には,郵便局にも転居届を必ずお出し下さい。

追加開催講習会申込み概要

次のご案内をお読みいただき,下記Webサイトよりお申込みをお願いいたします。(2月13日 12:00 公開)

Web申込受付期間

平成30年2月13日(火) 12:00 ~ 平成30年2月20日(火) 17:00まで

申込後の手順

本講習会のお席割り振りは,前回(平成29年11月17日締め切り分)にお申込みいただき,お席を準備できなかった方を優先者(キャンセルや未入金で受講しない方は対象外)として席を割り振ります。その後,席に余裕があった場合に,新規に申し込まれた方の席を割り振ります。

席の割り振りは以下の手順で行います。

  1. 申込締切:2月20日(火)17:00
  2. 優先者で,第1希望から第8希望まで順次割り振り(希望者が定員より多いコースは抽選)
  3. 優先者以外で,席に余裕があるコースを第1希望から第8希望まで順次割り振り(希望者が残席数より多いコースは抽選)
  4. お席割り振り結果のご連絡:3月初め
  5. 入金締切:お席割り振り結果連絡の約1週間後(3月上旬)
  6. 受講票発送:3月下旬
受講料

70,000円

  • 教材費は含まれておりません。
  • 受講料支払方法は,お席割り振り確定後ご案内いたします。
受講料の支払いについて

受講料:70,000円
受講会場及び受講日程決定のご案内メールには,受講料支払いのための指定銀行・振込口座・支払期限が記載されています。必ず支払い期限までに,受講料を振込んでください。

  • 振込期限内に入金の確認ができない場合には,受講申込取消しとなり本講習会を受講できません。
  • 銀行口座番号は個人別に割り振られております。必ず,ご本人に割り当てられた口座番号にお振込みください。(ご家族,ご友人の口座番号に振込まれますと,入金確認ができません。)
  • 振込手数料は,振込者負担となります。
  • ATMによっては,振込みができない機種もございますので,ご確認のうえ余裕をもって振込んでください。
  • お振込み後の取消しによる返金はできません。
  • 領収書は振込みの際の金融機関の受領票をもってかえさせていただきます。
    受講料のお振込みが確認された時点で,正式な受講決定となり,後日ご登録いただいた住所又は書類等送付先に,「受講関係書類(受講票等)」をご郵送いたします。
受講票について
  • 本講習会当日にご持参いただく受講票は平成30年3月下旬に発送する予定です。
  • 受講会場及び会場までのアクセスマップを掲載いたしますので,必ずご確認ください。
    同時に,本講習会へ持参する持ち物や受講の注意点を掲載しておりますので,本講習会当日までに必ずご確認ください。
現任者講習会へ持参するもの
  • 受講票(写真を必ず貼付願います。受講票は講習会終了時,回収します)
  • 現任者講習会テキスト

※テキストは各自事前購入となります。 購入方法は別途ご案内します。

申込みの取消し

申込みの取消しについては,当センターへご連絡をお願いします。
なお,受講料お振込み後,申込みの取消しによる受講料返金はできませんので十分ご検討・ご確認の上お手続ください。

受講中断・未修了者の取扱い

原則,遅刻・早退・欠席(受講中断)等は認められておりません。

修了書について

修了書は,受講するコースの現任者講習会を全課程受講された方へ本講習会最終日に配布します。ただし,下記について十分ご留意ください。

許可なき長時間の離席や受講態度が適切ではない(特に「スマートフォン(電子機器等)」での不適切な使用等)と判断された場合には,修了者として認めないことがあります。
※講習中は,スマートフォン,PC,タブレット,レコーダー等電子機器の使用は禁じます(要配慮者を除く)。

なお,修了書は「公認心理師試験」の受験申込時に必要となる書類です。受験申込みまで紛失しないように大切に保管してください。

  • 本講習会の出席確認はプログラム毎に実施します。なお,座席は指定です。
  • 受講コースの入退室時間は下記のとおりとなります。
    4日間コース
    入室開始時間 プログラム
    開始時間
    プログラム
    終了時間
    退出時間
    8:30 9:00 18:00 18:30
    入室開始時間 8:30
    プログラム開始時間 9:00
    プログラム終了時間 18:00
    退出時間 18:30
  • プログラム終了後,30分は出席確認等の時間がございます。
出張保育サービス

ベルサール飯田橋ファーストの講習会(4月7~10日,4月26~29日)にてご用意します。
(対象:生後6か月~就学前までの乳幼児,有料)

ご利用の手順
  1. 通常手順で受講お申込み
  2. 通常手順でお席割り振り
    • 出張保育サービス利用希望による,お席割り振りの手順の優劣はありません。
  3. ベルサール飯田橋ファーストにお席が割り振られた方に,出張保育サービス会社のご案内をします。
    • 受講料の入金期間中に保育サービス提供会社に個別にお問い合わせください。
    • 保育サービスは申込者と保育サービス提供会社との個別契約となります。
    • 希望者数が多いなどサービス提供会社が対応できない場合にはご利用になれません。
    • 保育サービスを受けられないことにより他講習会へ振り替えることはできません。
  4. その上で受講を決められた場合に,受講料を当センターへお振込みください。
    • 通常のお申込みと同様に,受講料お振込み後の取消しによる返金はできません。
その他
  • 公認心理師法附則第2条第2項に定める者(いわゆる現任者)として本講習会を受講し,公認心理師試験に出願予定の方で,出願時現任者として認められなかった場合は,講習会主催者は責任を負いかねますのでご承知おきください。詳細は,文部科学省・厚生労働省令第3号を参照ください。
  • この講習会は公認心理師試験対策に特化した講習会ではありません。
  • 宿泊が必要な方は,各自で予約手配をお願いいたします。
  • 昼食は,各自でご用意をお願いいたします。
  • 講習会場の温度につきまして,ご希望に添うことが難しい場合がございますので,温度調節のしやすい服装又は自己対策をお願いしております。
お問い合わせ先

一般財団法人日本心理研修センター
TEL: 03-6912-2655  e-mail:info@jcpp.or.jp
※最新情報を掲載しますので,当ホームページを適宜ご確認ください。

申込み~受講までの流れ

  1. 2月13日(火)
    12:00

    2月20日(火)
    17:00
    Webサイト
    より
    お申込み
    ホームページからWebによる申込受付(4月追加講習会はWeb申込みのみ)
    申込サイト⇒下記バナーより(2月13日 12時 Web申込みサイト公開)
    *申込内容に不備があった場合,受講できない場合がございます。
     メールアドレス,住所等のインプット間違えにご注意ください。
  2. お席の
    割り振り手順
    ①前回申込みいただき,ご受講いただけなかった方の席を割り振り(キャンセルや未入金で受講しない方は対象外)
     *希望コースが定員オーバーの場合,抽選
    ②新規お申込みの方の席を割り振り
     *希望コースが定員オーバーの場合,抽選
  3. 2月28日(水)
    正午
    お席割り振り
    結果のご連絡
    及び
    振込口座のご案内
    • お席割り振り結果のご連絡
    • 受講会場及び受講日程決定のご案内メールには,受講料支払いのための指定銀行・振込口座・支払期限が記載されています。
      必ず支払い期限までに,受講料を振込んでください。
      • 振込期限内に入金の確認ができない場合には,受講申込取消しとなり本講習会を受講できません。
      • 振込先銀行口座番号は個人別に割り振られております。必ず,ご本人に割り当てられた口座番号にお振込みください。
        (ご家族,ご友人の口座番号に振込まれますと,入金確認ができません。)
      • 振込時,Web受付番号を振込者名の後に入れてください。
      • 振込手数料は,振込者負担となります。
      • ATMによっては,振込みができない機種もございますので,ご確認のうえ余裕をもって振込んでください。
      • 受講料振込み後の申込取消しによる返金はできません。
      • 領収書は振込みの際の金融機関の受領票をもってかえさせていただきます。
  4. 2月28日(水)

    3月8日(木)
    受講料支払期間 日本心理研修センターにて3月8日(木)までに受講料の振込みが確認された時点で,正式な受講決定となります。
  5. 平成30年3月
    下旬
    受講票
    郵送
    受講票の郵送,受講会場等のご案内
    受講申込後に転居された方は,必ず郵便局に転居届を提出ください。
  6. 平成30年4月 講習会
    期間
    *持ち物
    受講票(写真添付を忘れずにお願いします。)
    講習会テキスト(入手方法は別ご案内)

申込みは終了しました。

PAGE TOP
▲ PAGE TOP
MENU