HOME >公認心理師とは

公認心理師とは

公認心理師とは

今日,国民の心の健康問題は,複雑かつ多様化しており,それらへの対応が急務となっています。
これらの問題に対し,他の関係者とも連携しながら心理に関する支援を行う国家資格がわが国にはありませんでした。

さまざまな経緯の後,平成27年9月9日に公認心理師法が成立し,平成29年9月15日に施行され,わが国初の心理職の国家資格として,「公認心理師」制度が推進されることになりました。

公認心理師が行う業務について公認心理師法では以下のように定めています。

「保健医療,福祉,教育その他の分野において,専門的知識及び技術をもって,

  1. 心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し,その結果を分析すること。
  2. 心理に関する支援を要する者に対し,その心理に関する相談に応じ,助言,指導その他の援助を行うこと。
  3. 心理に関する支援を要する者の関係者に対し,その相談に応じ,助言,指導その他の援助を行うこと。
  4. 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を行うこと。」

この国家資格制度により,一定の資質が維持された専門職者が多く生まれ,人々に広く利用されることが望まれます。
そして公認心理師有資格者は,社会の変化に沿って生じるさまざまな課題に対応できるために,
今後更にその資質の向上を図ることが求められています。
当センターは公認心理師国家試験を適切に運営し,また有資格者の生涯研修の道を開拓して参ります。

PAGE TOP
▲ PAGE TOP
MENU